ニュース

エコリーンは環境製品宣言で リーダーシップを取ります
エコリーンは環境製品宣言で リーダーシップを取ります

エコリーンでは原材料の段階から最終製品としての使命を終えるまでのライフサイクルにおける環境への影響を重視しています。容器システムサプライヤーとしては世界で初めて、軽量容器とその専用充填機を含む包括的な自社システムを詳細に分析して今後のお手本になる形で環境製品宣言(EPD)をまとめました。エコリーンは引き続きサステナビリティを重視する姿勢を発展させていきます。 エコリーンの環境製品宣言によりエコリーンの容器や機器による環境ライフサイクルの影響を簡単に理解し比較する事ができるようになりました。食品パッケージ業界での先例となることでしょう。環境製品宣言を作成する過程で、弊社の業務から発生する環境への影響を大変包括的に分析いたしました。「我々の業界では原料にだけ、リサイクルにだけ、機器にだけといった小さな部分だけを対象とした、つながりのない分析が数多く行われてきて、環境への影響の全体像が見えるものがありませんでした。私たちは環境製品宣言を出すことでそれを実現しようとしています。 私たちは敢えて目標を高く設定して、顧客のためその先の消費者のために、環境へのうわべだけの取り組みや欺瞞を無くし、全体像をお見せしようとしています。」とエコリーングループCEOのピーター・L・ニルセンがコメントしています。「これらの新しい環境製品宣言はエコリーンが透明性高く誠実にビジネスを行っていく尽力の一部に過ぎませんが重要なことです。これらの環境製品宣言によりブランドオーナーはエコリーンのパッケージソリューションと他の容器形態を容易に比較検討することに貢献できると考えています。環境への小さな取り組みも消費者の生活に影響を与えることは出来ますが、大きな変革を起こすためには環境への全ての取り組みを公平に検討する必要があります。エコリーンは持続性のある食品容器への投資を決めるための意思決定の枠組みを提案しています。」とエコリーンのサステナブルマネジャーのアナ・パルミンガーは述べています。 エコリーンの環境製品宣言はInternational EPD® Systemのウェブサイトでご覧いただけます。 エコリーン・エア・アセプ容器(常温流通用) エコリーン・エア・チルド容器(チルド流通用) エコリーン・アセプ充填機(EL3、EL4+) エコリーン・チルド充填機(EL1、EL2+)

The in-store silent salesman
The in-store silent salesman

Professor Annika Olsson explains why the package plays a great role in the in-store environment and how packaging design can affect the pricing of a product, in this filmed interview. Find out what good packaging design constitute and which trends within packaging and sustainability are ruling the industry. Annika Olsson is a Professor in Packaging Logistics at Lund University and co-author of the book; Managing Packaging Design for Sustainable Development: A compass for Strategic Directions.         The Shopper Marketing article and film series from Ecolean shares interesting shopper insights from the FMCG world. We also share some tips on how to leverage packaging in the in-store battle.

お客様のパッケージ デザインはどのようなものになるでしょうか?
Experience-your-package-design.png

簡単に使用できる当社の 3D ツールを介せば、わずか 3 つのシンプルなステップでエコリーン パッケージにお客様独自のデザインを描くことができます。