最新ニュース
廃棄物を減らし、リサイクルを推進する – エコリーンが目指す循環性
廃棄物を減らし、リサイクルを推進する – エコリーンが目指す循環性

エコリーンは製品のライフサイクル全体において、使用する原材料の最適化に取り組んでいます。生産から使用済みパッケージのリサイクル、そして資源を再利用して循環させていくことを目指しています。 エコリーン グループのサステナビリティ ディレクター、アナ・パルミンガーは次のように述べています。「当社ではライフサイクル アプローチに焦点を当てた原材料の使用を心がけています。これは、資源効率の高いパッケージ生産によりお客様の消費する原材料を削減することや、消費者によるパッケージのリサイクルの促進などを含みます。」 埋立廃棄物の排出ゼロへ 2020 年度にエコリーンが埋立廃棄物として排出した廃棄物はゼロでした。工場から出た廃棄物の 97% をリサイクルし、2% を有害廃棄物として処理、1% をエネルギー回収に当てました。 パルミンガーは次のように説明します。「2020 年は工場廃棄物の削減に注力しました。作業の見直しや効率化でプロセスを整備することで、2021 年度もさらなる改善を進めています。」 リサイクルのための連携 適切なプラスチックの回収システムが欠如している国は少なくありません。現在も 20 億人[i] の生活にごみ処理事業が提供されていないため、ごみの回収やリサイクルのインフラ確立は優先すべき事案となっています。リサイクル業者と連携してリサイクル促進プロジェクトに取り組むことで、エコリーン製品のプラスチックがリサイクルされる機会創出にも繋げていきます。 エコリーン パッケージが流通しているさまざまな市場にでリサイクルを促進していけるよう、当社は欧州コンソーシアムの CEFLEX(Circular Economy for Flexible Packaging)やパキスタンのリサイクル イニシアチブ Collect & Recycle (CoRe) へ参画しています。 パルミンガーは次のように意気込みを語っています。「リサイクルはパッケージ利用の持続可能性のために不可欠です。また、多くの企業にとっても優先課題であります。私たちは分別しやすく、リサイクルしやすいパッケージの開発と提供を続けていきます。2025 年までに新しいパッケージ シリーズの発表を目指しており、各地域でのリサイクル計画にも積極的に関わっていくことでエコリーン パッケージのリサイクル率の向上を図ります。」 循環性の向上へ エコリーンの CEO、ピーター・L・ニルソンは次のように述べています。「埋立廃棄物の排出ゼロを維持しながら資源を活用していくために循環性を向上することは当社の戦略の要です。既に自社内で実績や世界中のリサイクル プロジェクトへの参画を進めていますが、まだ十分とは言えません。食品パッケージへのリサイクル材料の活用は、衛生面での懸念が存在します。それを払拭するためにはリサイクル技術の革新的な進化が必要です。プラスチック製食品パッケージのリサイクル浸透のために、エコリーンは新しい技術やソリューションの開発に励みます。」 循環性の向上のための 2020 年度の活動 エコリーン のライフサイクル アプローチやリサイクルに関する取り組みについては、サステナビリティ レポート 2020 の 日本語の概要やレポートの全文(英語)をご参照ください。 2020 年 12 月に当社の顧客であり、乳製品メーカー世界 10 位に入る中国の蒙牛乳業(Mengniu)と、サステナビリティの啓蒙イベントを複数回にわたり開催しました。また、エコリーン パッケージの回収サイトを期間限定で設置し、リサイクル可能なパッケージの回収の大切さを訴求しています。 リサイクルしやすいパッケージの開発とは、リサイクルのシステムが確立されている地域において、容易に分別し、回収できる原材料で製造することです。当社の透明パッケージである Ecolean® Air Clear と Ecolean® Air Aseptic Clear は SUEZ.Circpack® により「Designed for Recycling(リサイクルを前提とした設計)」の認証を受けています。本認証は同製品の包装方式が、第三者機関による混合ポリオレフィン プラスチックのリサイクルが可能な市場において、リサイクルできることを証明するものです。 画像データ 高解像度の画像データをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。 エコリーンについて エコリーンは、飲料、乳製品および液状食品業界向けの革新的な包装システムの開発・製造をしています。エコリーンの最新の軽量包装は消費者の利便性と環境への配慮の両方に応えています。エコリーンは、スウェーデンに本社を置くグローバル企業です。1996 年の設立以来、中国、パキスタン、ロシア、そしてヨーロッパを最大の市場とし、30 か国以上で商業活動を展開しています。エコリーンの従業員数は 500 人です。詳細はこちらをご参照ください。 ecolean.com お問い合わせ先: コミュニケーション ディレクター、ハナ・イェプソン+46 72 724 35 92, hanna.jeppsson@ecolean.se [i] UNEP Global Waste Management Outlook(世界廃棄物管理概況 – 英語)

最新ショッパー マーケティングインサイト(英語)
Packaging design is the primary vehicle for communication
Packaging design is the primary vehicle for communication
英語で

Packaging seems to be one of the most important factors in purchase decisions made at the point of sale where it becomes an essential part of the selling process. Packaged food products are moving into ever larger supermarkets and hypermarkets, and there is a proliferation of products, offering shoppers vast choice. The competitive context is ever more intense, both in the retail store and household. With the move to self-service retail formats, packaging increases its key characteristic as the silent salesman on the shelf at the point of sale. The critical importance of packaging design is growing in such competitive market conditions, as package becomes a primary vehicle for communication. Whatever be the logistics considerations, packaging is one key food product attribute perceived by shoppers. It cannot escape performing the marketing function, even if a company does not explicitly recognize the marketing aspects of packaging.

デザインツール
お客様のパッケージ デザインはどのようなものになるでしょうか?
Experience Your Package Design 1

簡単に使用できる当社の 3D ツールを介せば、わずか 3 つのシンプルなステップでエコリーン パッケージにお客様独自のデザインを描くことができます。