最新ニュース
エコリーン、すべての生産工場で再生可能電力の使用率 100% を達成
エコリーン、すべての生産工場で再生可能電力の使用率 100% を達成

エコリーンは包装ソリューションをグローバル展開する企業として、世界的な気候変動への対策に取り組んでいます。その一環として、パキスタンと中国の生産工場で再生可能電力の導入を進めた結果、エコリーンではすべての生産工場で消費する電力の 100% を再生可能電力によってまかなうことを達成しました。これにより、スコープ 2* の温室効果ガス排出量は 2018 年に比べ、95% の削減となりました。これは当社のサステナビリティ レポート 2020 で目標としてた 50% 削減を大きく上回る数字です。 すべての生産工場で再生可能電力を使用 エコリーン グループのサステナビリティ ディレクター、アナ・パルミンガーは次のように述べています。「2030 年までにすべての生産工場において 100% 再生可能電力を達成するためにさまざまな施策を行ってきました。2020 年にパキスタンと中国の生産工場で再生可能エネルギー導入にむけた宣言に締結したことで、この目標を実現できたと言えます」 エコリーン パッケージはライフサイクル全体にわたって環境負担を軽減するために、一般的な液体食品用パッケージより 50 - 60% 軽量に作られています。使用する原材料を減らすことで、生産や輸送に必要なエネルギーも節約できます。当社が消費するエネルギーのほとんどは製造工程で使用するため、すべての生産工場の使用電力を100% 再生可能電力にすることで、環境負荷をさらに大きく低減できます。 温室効果ガス排出量を 95% 削減 パルミンガーは次のようにも説明しています。「2018 年と 2020 年の CO2 排出量を比べると、100% 再生可能電力を達成したことで 3,400 トン(CO2 換算)減少しています。これは、当社のスコープ 2 の温室効果ガス排出量 95% の削減に値します。エコリーンは常に製品のライフサイクル全体を見据えて環境負担の軽減に注力しています。また、こういった実績を通して、社会に対しても再生可能エネルギーの広がりを牽引できるものと考えています」 エコリーンはまた、オペレーション部門での再生可能エネルギーについても、 2019 年には 81% だった比率を 96% へと引き上げています。今後もさらなる拡大を目指しています。 エコリーン サステナビリティ レポート 2020 の日本語の概要は こちら をご参照ください。レポートの全文(英語)は こちら をご参照ください。 *スコープ 2 は事業活動で購入した電力の使用による間接排出量 画像データ エコリーンについて エコリーンは、飲料、乳製品および液状食品業界向けの革新的な包装システムの開発・製造をしています。エコリーンの最新の軽量包装は消費者の利便性と環境への配慮の両方に応えています。エコリーンは、スウェーデンに本社を置くグローバル企業です。1996 年の設立以来、中国、パキスタン、ロシア、そしてヨーロッパを最大の市場とし、30 か国以上で商業活動を展開しています。エコリーンの従業員数は 500 人です。 お問い合わせ先: コミュニケーション ディレクター、ハナ・イェプソン+46 72 724 35 92, hanna.jeppsson@ecolean.se

最新ショッパー マーケティングインサイト(英語)
Packaging design is the primary vehicle for communication
Packaging design is the primary vehicle for communication
英語で

Packaging seems to be one of the most important factors in purchase decisions made at the point of sale where it becomes an essential part of the selling process. Packaged food products are moving into ever larger supermarkets and hypermarkets, and there is a proliferation of products, offering shoppers vast choice. The competitive context is ever more intense, both in the retail store and household. With the move to self-service retail formats, packaging increases its key characteristic as the silent salesman on the shelf at the point of sale. The critical importance of packaging design is growing in such competitive market conditions, as package becomes a primary vehicle for communication. Whatever be the logistics considerations, packaging is one key food product attribute perceived by shoppers. It cannot escape performing the marketing function, even if a company does not explicitly recognize the marketing aspects of packaging.

デザインツール
お客様のパッケージ デザインはどのようなものになるでしょうか?
Experience Your Package Design 1

簡単に使用できる当社の 3D ツールを介せば、わずか 3 つのシンプルなステップでエコリーン パッケージにお客様独自のデザインを描くことができます。