「軽さ」が解決できること

かぎりある資源を守るために

エコリーンのミッションは、安全性、利便性、そして環境配慮に特化した最適な液体食品用の包装ソリューションを世界中のお客様に提供することです。 そのために、常にライフサイクル アプローチを採用して包装ソリューションの開発と生産を行っています。

軽量包装アプローチで自然資源の節約を目指しています。資源を節約するためには、パッケージのライフサイクルの終わりに出る廃棄物だけでなく、その始まりから消費される資源にも注目することが重要です。

原材料の使用量を削減。エコリーン パッケージの優位性は明らかです。一般的な液体食品用の紙パックやボトルに比べ、エコリーン パッケージは 50〜60% ほど軽量です。エコリーン® エア アセプティックが使用しているプラスチックは 1 リットルあたりわずか 14.3 グラムです。

軽量性こそが成功の鍵。包装資材の使用や輸送、廃棄量が減ることで製品のライフサイクル全体にわたって大きなメリットが得られます。軽量包装を採用しているブランドオーナーは、コスト削減だけでなく、環境負担も軽減することで、その会社のブランドイメージと社会的評価の向上など様々なメリットを得られるでしょう。

使用原材料の削減

軽量パッケージは、原材料の使用量を最低限に抑えることで生まれます。資源の節約は、パッケージのライフ サイクルの最後に、どのような廃棄物が生まれるのかに目を向けることにとどまりません。資源が最初にどう使用されるかも同様に重要なことです。エコリーン エア アセプティック アセプティックの 1 リットル パッケージの重量はわずか 14.3 グラムです。

資源の節約

使用する原材料が削減することで、生産、輸送、廃棄物処理に必要なエネルギーも節約できます。その軽量さとスリムさを見れば、製品ライフ サイクルの最後のみならず、そのすべてにわたって資源が節約されているという事実に異論はないでしょう。エコリーンの製造工程では、必とされる水とエネルギーの量、さらには温室効果ガスの排出も削減されています。資源の節約は環境保護の象徴です。

エネルギーの節約

パッケージが軽いほど生産に要するエネルギーが減るため、より多くのエネルギーを節約していることになります。エコリーンでは、生産段階からすでに材料の使用量を抑えています。当社のパッケージの重量は、従来の液状食品カートン/ボトルのわずか 50~60% しかありません。

廃棄物の削減

使い終わったエコリーン パッケージは、文字通り「空」になります。従来の 1 リットル パッケージで販売されているヨーグルトのような粘度の高い商品の場合、1 デシリットルもパッケージに残ったまま理由もなく一緒に捨てられてしまいます。空になったエコリーン パッケージは封筒のように平たくなるため、ゴミ箱のスペースも節約できます。当然ながら、これは廃棄物処理プロセス全体にわたってプラスの効果をもたらします。

輸送の必要性の低減

廃棄物の量が少ないということは、その輸送の必要性も減ることを意味し、結果として廃棄物処理プロセスに必要なリソースが大幅に削減されます。エコリーン パッケージを使用することで、スペース、エネルギー、輸送費をどれだけ節約できるか想像してみてください。