エコリーンが韓国の食品会社 Pulmuone に軽量パッケージ ソリューションを提供

プレス リリース - 2020年11月18日

韓国の大手生鮮食品会社 Pulmuone(プルムウォン)は、韓国国内で急成長し現在も発展が進んでいる液状食品市場の自社商品にエコリーンの軽量包装を採用し、環境への配慮を高めています。

韓国に本社を構え、米国、中国、日本などグローバルにマーケットを展開する生鮮食品会社 Pulmuone は、飲料製品としては同社初となる商品 2 種、「Cocoa Classic(ココア クラシック)」と「Golden Apple(ゴールデン アップル)」をエコリーン製の包装で発売しました。これら 2 つの飲料製品の主な消費者グループは、学校に通う子供たちで昼食に添える飲み物として扱いやすく栄養価の高い製品となっています。

Pulmuone は、2022年までに自社のすべての製品を環境負荷が最小限の包装で提供するという大志を抱いています。Pulmuone による環境に配慮した包装の採用に関する企業計画には、プラスチックの使用量を減らし、消費者にとって便利なリサイクルを実現することも盛り込まれています。今回、Pulmuone は製品をエコリーンの包装で発売したことで、正しい方向へ大きな一歩を踏み出しました。Pulmuone は、消費者が環境により配慮した製品を見つけやすくなるよう、環境への影響が少ないパッケージに葉っぱ模様のエコラベルを導入することにしました。このラベルは、削減されたプラスチック含有量などのパッケージ情報を消費者に提供します。

エコリーンの最高商務責任者、ジョニー・セイランドは次のように述べています。「消費者の皆様に対して環境意識を強調する上で大切な要素の 1 つとして、Pulmuone がエコリーン製の軽量パッケージ ソリューションを選んでくれたこと、それと同時に同社の環境フットプリントを削減できたという事実をエコリーンはもちろん、とても喜ばしく思っています。」

エコリーンの包装は最近、韓国政府環境部によって、韓国国内でリサイクルしやすいと確認され、アルミニウム不使用のアセプティック包装の利点がさらに上乗せされるかたちとなり、パッケージ ソリューションの持続可能性を評価するにあたって製品ライフサイクルにわたる取り組みを実施する重要性がさらに高まりました。

韓国でエコリーンの包装により製品を最近発売したお客様は複数存在し、Pulmuone はそのうちの 1 社です。セイランドはまた、次のようにコメントしています。「エコリーンは、韓国国内での事業立ち上げから 1 年も経たないうちに、さまざまなブランドや製品といった多様性のある主要カテゴリーすべてを受け持つことができました。」

韓国国内の発売品はすべて、Vilac 所有の共同包装拠点にて協力してパッケージングされています。Vilac は、飲食料品業界で複数のブランドを扱っているヤクルト傘下の企業であり、大好評を得ているヤクルトの新発売商品ついてもエコリーン製パッケージを使用して昨年から包装を手掛けています

画像

さらに詳しい情報は、以下までお問い合わせください。

エコリーンについて

エコリーンは飲料、乳製品および液状食品業界向けの革新的なパッケージ システムの開発・製造をしています。エコリーンの先端的な軽量包装には、消費者の利便性と環境への配慮が一つに詰め込まれています。エコリーンはスウェーデンに本社を置くグローバル企業です。1996 年の設立以来、中国、パキスタン、ロシア、そしてヨーロッパを最大の市場とし、30 か国以上で商業活動を展開しています。エコリーンの従業員数は 450 名です。さらに見る www.ecolean.com

ニュースレターの配信