Ecolean、EcoVadis 最高評価のプラチナを再度獲得

プレス リリース - 2022年5月12日

エコリーンはこの度、EcoVadis のサステナビリティ評価において最高位のプラチナ評価を獲得しました。昨年に続き、2022 年も 2 年連続でプラチナ評価(業種別評価対象企業の上位 1% 内)を獲得しました。EcoVadis は世界 160 の 国や地域の 200 以上の業種において 90,000 以上の企業の持続可能性(サステナビリティ)を毎年評価する、国際的な評価機関です。

エコリーン グループのサステナビリティ ディレクターであるアナ・パルミンガーは次のように述べています。
「エコリーンの事業の客観的な評価とサステナビリティ活動に関する実績を、他の企業と比較するために EcoVadis のサステナビリティ評価を毎年受けています。今回も上位 1% に格付けされる最高評価を獲得きたことを喜ばしく思います。」

EcoVadis 評価は各企業の持続可能性(サステナビリティ)の優れている点や改善が必要な点を明らかにし、取り組むべき課題を特定するために役立ちます。パルミンガーは次のように説明しています。
「当社のガバナンスと実績をさらに強化するための施策策定に EcoVadis 評価を活用するとともに、目標達成に向けた指標としています。また、当社の長期的な目標とそれを達成するためのプロジェクトをまとめている Sustainability Roadmap 2030 の策定にも役立っています。」

サステナビリティ評価のための共通プラットフォーム

パッケージング業界は顧客や消費者行動の変化、サステナビリティの選択肢の需要拡大に世界規模で適応する必要があります。エコリーンの軽量包装はメーカーのお客様のコストと環境負荷の両方を削減しながらも製品の安全性を保ちます。

「各パッケージの環境負荷を比較するのと同様に、サプライヤーやパートナーのサステナビリティ プロファイルの比較も重要となります。EcoVadis 評価を受ける企業数は毎年増えており、広く活用されていることからも、この制度は優れた指標になります」とパルミンガーは補足しています。

EcoVadis について

EcoVadis は、サプライチェーンにおける企業のサステナビリティ評価を毎年実施する独立機関です。評価は 4 つのテーマ(「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」)に分類された 21 の項目を元に実施されます。GRI(Global Reporting Initiative)や国連グローバル・コンパクトなどの国際的な基準に沿った評価手法を採用しています。

詳細は EcoVadis の公式サイトをご参照ください。

画像データ

         

 EcoVadis 2022 プラチナ メダル       エコリーン グループのサステイナビリティ ディレクター、
                                                        アナ・パルミンガー

エコリーンについて

エコリーンは、飲料、乳製品および液状食品業界向けの革新的な包装システムの開発・製造をしています。エコリーンの最新の軽量包装は消費者の利便性と環境への配慮の両方に応えています。エコリーンは、スウェーデンに本社を置くグローバル企業です。1996 年の設立以来、中国、パキスタン、 そしてヨーロッパを最大の市場とし、30か国以上で商業活動を展開しています。エコリーンの従業員数は 500人です。詳細はこちらをご参照ください。 ecolean.com/jp

お問い合わせ先:

コミュニケーション ディレクター、ハナ・イェプソン
+46 72 724 35 92, hanna.jeppsson@ecolean.se

ニュースレターの配信