Ecolean、EcoVadis 最高評価のプラチナを取得

プレス リリース - 2021年3月5日

エコリーンはこの度、EcoVadis のサステナビリティ評価において最高位のプラチナ評価を取得しました。EcoVadis は世界の 200 以上の業種において 75,000 以上の企業の持続可能性(サステナビリティ)を評価する国際的な評価機関です。昨年のゴールド評価(業種別評価対象企業の上位 5% 内)に続き、2021 年は同対象の上位 1% に格付けされるプラチナ評価を取得しました。

世界的に高い水準を誇る、サステナビリティへの取り組み

エコリーン グループの CEO ピーター・L・ニルソンは次のように述べています。
「EcoVadis プラチナ評価の取得は、当社のサステナビリティに対する取り組みが世界的にも高い水準であると認められたものです。エコリーンは、資源効率の高い革新的なパッケージング ソリューションの実現を目指して創業して以来、サステナビリティを企業経営の要としてきました」

また、エコリーン グループのサステナビリティ ディレクターであるアナ・パルミンガーは次のように述べています。
「世界的に食品や乳製品、飲料の大手メーカーは持続可能性に優れた包装サプライヤーを求めており、消費者も重要視しています。エコリーンのサステナビリティが国際的に高く評価されたことを大変喜ばしく思います」

今後の展望

エコリーンは今後とも、地球環境への影響を最小限に留めながら、消費者やお客様の需要に応えていけるよう革新的な企業として発展していくことを目指し、進んで参ります。EcoVadis は多くの企業が導入している信頼性の高い独立評価機関であり、パッケージング業界にも浸透しています。評価基準である 4 つのテーマのうち、当社が優れている点や改善が必要な点、業界内における比較なども可能となります。

2021 年は昨年のゴールドよりも高いプラチナ評価を取得しました。環境への配慮やコーポレートガバナンス、社会的責任に関してエコリーンが掲げる明確な目標と戦略に加え、軽量包装に向けたアプローチを示す透明性の高いモニタリングとレポート開示が高い評価へと繋がったものだと自負しています。

パルミンガーは次のように説明しています。
「EcoVadis 評価により当社の課題も明らかになります。その一つは、グリーン調達の実現と推進です。エコリーンでは近年、サプライヤーと一丸になってその基準を設定、展開しています。今後も、サプライチェーンを包括したグリーン調達活動を強化して参ります」

EcoVadis について

EcoVadis は、サプライチェーンにおける企業のサステナビリティ評価を毎年実施する独立機関です。評価は 4 つのテーマ(「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」)に分類され、GRI(Global Reporting Initiative)や国連ブローバル・コンパクトなどの国際的な基準を採用して行われます。

詳細は EcoVadis の公式サイトをご参照ください。

画像データ

高解像度の画像データをダウンロードするには をクリックしてください。

エコリーン グループの CEO、ピーター・L・ニルソン

エコリーン グループのサステイナビリティ ディレクター、アナ・パルミンガー

エコリーンについて

エコリーンは、飲料、乳製品および液状食品業界向けの革新的な包装システムの開発・製造をしています。エコリーンの最新の軽量包装は消費者の利便性と環境への配慮の両方に応えています。エコリーンは、スウェーデンに本社を置くグローバル企業です。1996年の設立以来、中国、パキスタン、ロシア、そしてヨーロッパを最大の市場とし、30か国以上で商業活動を展開しています。エコリーンの従業員数は450人です。詳細はこちらをご参照ください。

お問い合わせ先:

ニュースレターの配信